2005年08月30日

2005 北海道旅行記 富良野編

aomori.jpg


わたしと娘は三年ぶりの北海道ダッシュ(走り出すさま)
今回は急に決まった帰省で船の予約が取れず、いつもより少し遅い船に。
8月19日21:50我が家を出発 ひたすら東北道を走り車(RV)途中仮眠を取りながらも11:00近くに青森到着。
時間に余裕があったせいか仮眠も数時間単位で取れたようでちょっとは楽だったよう。。
そして東日本フェリー 12:30発 ほるすで3時間40分の船旅船
その間クッキーとマロンは客室には入れず車中待機。
日頃からクッキーは車でのお留守番は諦めて寝てくれるけれど
マロンは普段からその習慣が無いことからとても心配たらーっ(汗)
16:00過ぎ 北海道上陸グッド(上向き矢印) ここからはエアコンは点けず窓を開け車(セダン)
そして函館 七飯温泉ゆうひの館いい気分(温泉)でさっぱりとわーい(嬉しい顔)



日付変わり 8月21日(日)
一泊で富良野へ車(RV)
スキーで有名なニセコに程近い夫の実家からは日帰りは出来無くないものの
どうせ行くなら一泊して楽しみましょうと、こちらに来る前に宿探し。。
犬も泊まれて食事も一緒に出来る宿がなかなか見つからない・・・
ならばバンガローに素泊まりしかないでしょ。
そして見つけた所が【ファームイン富夢】
ひろ〜い広ぉ〜い畑の中にポツリ建っています。

tomu.jpg

小樽から高速道に乗りお昼少し前に富良野へ
まずは腹ごしらえレストラン 来る前に買ったガイドブック本に載っている
北星茶寮へ。
シトシト雨雨も絵になるような佇まいのお店を入ると しっとり和の雰囲気
ステキな陶器で出されるお料理はとても暖かいものを感じました。。

nakafurano.jpg

さすがに長旅の疲れが出たのか車に待たせたワンコ達はこの通りかわいい

incar.jpg

そして富良野といえば『北の国から』
今までにも【麓郷の森】【五郎の石の家】と見てきたので今回は【拾ってきた家】
廃棄された路線バスを一台利用。フロントガラスの和室、大型乾燥機の丸窓、吊り輪のナベ掛けと見事な出来栄え。。
捨てるものはないんだなぁ・・・と実感。。

kitanokunikara.jpg

そして夫が何より楽しみにしていたのは、今年1月から3月まで放映されていた
『優しい時間』の喫茶店【森の時計】で自分で豆を挽きコーヒー喫茶店を飲む事ぴかぴか(新しい)
しかし・・・この時どしゃ降り霧にもかかわらずお店からは長蛇の列
ドラマのようにゆったり静かな感じではない事で諦め宿へ。。

morinotokei.jpg

この日は町のスーパーでお惣菜&富良野ワインバーを買い込み夕食。。
そして窓の外は気持ちいい程exclamation&questionどしゃ降り霧霧霧
天気予報では明日も雨と。。。

そしてこの日はマロンの三歳のお誕生日バースデー。。
忘れられないお誕生に日になったねぴかぴか(新しい)
みんなで「おめでとうるんるん」と言いました(爆)


8月22日(月)
目が覚めて聞こえてくるのは雨音雨それもヤケクソ気味のバッド(下向き矢印)
そしてTVを点けると 大雨洪水注意報 おまけに通行止めたらーっ(汗)もあるという。。。
でも予定通り廻りましょう。。
白樺街道と呼ばれるそこはお天気なら相当な景色だったに違いないもうやだ〜(悲しい顔)
けれど 雨で景色は何も見えず・・・

daisetuzan.jpg

そんな雨も次第に小降り小雨になり、今度はやはり『優しい時間』の○宮君演じる拓郎が修行していたとされていた【皆空窯】へ。。
実在の窯元で名前もそのまま。。
奥にギャラリーがあり、焼き物が売られている。中には○宮君デザインのマグカップ喫茶店
ドラマで使われていたようで、10月まで予約待ちだとか。。
お店の人はドラマの裏話などを話してくれて、下準備が結構大変だったと。。

kaikuugama.jpg

そしてお昼を食べ終わる頃には雨もすっかり上がり 丘巡り
まずは ケンとメリーの木 ポツンと立っているこの木は
昔 車のCMで使われ、その車の名前がそのままつけられたよう。
この木の前には“ケンとメリー”なる宿もあり
その宿に大切に保管されている車(セダン) 夫はしばし宿の人とおしゃべり。。
そして セブンスターの木 マイルドセブンの丘と廻り 

kenmery.jpg

最後に行きたかった【北の住まい設計社】
とても奥の奥に入った所にあるそこは 
住居の設計はもちろん、家具、ファブリック、食器などトータルに展示してある。
横にはcafe喫茶店に美味しそうなパンもるんるん
家造りのコーナーから家具を見るだけでもあっという間に時間が過ぎ
ひと時の夢見心地揺れるハート
小さなちぃーさな家でいいんだけどな。。。


kitanosumai.jpg



帰り道 欠かせない温泉は実家に一番近い ニセコ昆布温泉幽泉閣いい気分(温泉)
posted by ravi at 16:54| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いろいろな名所巡りをしてきたようですね。
ファミリーで行って、いい思い出が残る
旅が出来たようで、よかったですね!!

マロンくん、21日がお誕生日だったのね!
おめでとう!!!
チョコは18日で4歳になったので、ちょうど
1歳違いなのね。
だからチョコもマロンくんに親しみを感じて
いつも追いかけているのかしら?!
Posted by ぎーこ at 2005年08月31日 08:02
チョコくん 遅くなってごめんねぇ〜
お誕生日おめでとう(^^)//゛゛゛パチパチ
ますます男の色気ムンムンのダンディチョコくんでいてください☆

ぎーこさん
我が家思い切りミーハーなので、王道の観光コースです(汗)
行ったからには楽しまないとですよね(^_-)-☆
Posted by ravi at 2005年08月31日 22:43
やっぱり、北海道は絵になるね〜
っていうかraviさんのセンスによるところも多いと思うけど素敵だわ。
続編も楽しみにしてるわね。

Posted by ぐり at 2005年09月02日 18:09
ぐりさん、見てくれたのね〜♪
センスなんてないよぉ・・・
ぐりさんの方が写真も文章もずっと上手。。
北海道はもちろんだけど、どこも自然は癒されるよね〜
そういう“トシ”?!
Posted by ravi at 2005年09月02日 22:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6382035
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。